板東三十三ヵ所

板東三十三ヵ所観音霊場巡礼は、鎌倉幕府三代将軍実朝の頃に成立し、巡礼も盛んになったようです。巡礼が出来るという事は、治安も良くなった証かもしれません。鎌倉幕府成立後に関東が政治の中心になり、西国三十三ヵ所観音霊場巡礼を模倣した観音霊場巡礼が求められました。頼朝や有力武士団にも、強い観音信仰があったようです。源頼朝は伊豆での挙兵後に破れ房総半島に逃れ、再起を観音霊場に祈願し地元豪族武士団の協力を得て、鎌倉幕府を成立させます。幕府成立後に源頼朝が杉本寺に観音像を寄進し、その杉本寺が1番札所になっています。板東三十三ヵ所観音霊場巡礼は、関東武士団に関係した寺院も多く、関東の広い地域に広がっています。