温泉の定義

日本人は温泉が好きですよね。でも、温泉って具体的にはどの様に定義されているのかな。イメージとしては、山奥の岩場から湧き出てる秘湯とか野湯が想像されます。でも、我が群馬県では何処の市町村にも温泉の入浴施設があり、「かけ流し天然温泉」というようなのぼり旗が立っています。もちろん世界的にも有名な草津温泉や四万温泉、個人的にもっとも好きな万座温泉もあります。

温泉って、どういうものなのでしょうか。

湯畑

温泉の定義

温泉と定義されるには、以下の条件が必要(温泉法より)です。

主要条件です。
1)地中から湧出する
2)温水、鉱水および水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)。
3)温度。
4)特定成分を含んでいる。

温泉ソムリエ
温泉ソムリエ」の資格は有名なので、知らない人は居ないと思います。温泉関係者、温泉施設経営者や管理者、旅行関係者、学生、タレント、そして本当に温泉が好きで好きでたまらない人など、多くの人達が受講しています。温泉に関する様々な知識が得られ、温泉の楽しさが10倍にも100倍にも膨らみます。温泉ソムリエのオフ会も盛んで、多くの人達と知り合え友人も増え、情報交換も盛んです。通信教育を利用した受講もあります。全国で多くの講習会も開かれています。絶対にお勧めです。

地中から湧出する

自噴、採掘井戸から動力ポンプ等で揚水した物、それらを区別していません。地下に存在してる事。海水は成分的には通常の塩化物泉の30倍を超えるミネラル成分を含んでいますが、地下に存在する物では無いので、温泉とは定義されません。溶存物質だけで温泉を定義すると、地球上の表面7割が温泉となり、地球は温泉の星ですね。ただし、海辺の砂浜を掘って湧いてきた海水は温泉では無いです。

温水とは

地中から採取した、地上に出た時点での25℃以上の温度を有する水です。溶存物質の量は規定されず、温度が25℃以上であれば温水として、温泉法で定義されます。ミネラル分等の温泉としての特定成分が極めて少なくても、あくまでも温度が地上に出た時点で規定値(25℃)以上なら温泉とされます。25度以上の地下水、温水は温泉と規定されると共に、療養泉としても規定されています。

鉱水とは

地中から出た時点での温度が25℃未満であっても、19種の特定成分を一定量以上含んでれば、1種類だけでも検出されれば温泉とみなされます。

伊香保温泉 白銀の湯
平成になって新たに発掘されたのが「白銀の湯」です。泉温が12.1℃なので温度でいえば冷鉱泉です。また残存物質が0.45g/kgです。しかし、メタケイ酸が103mgと50mg/kgの温泉としての規定値を超えてるので、温泉とされます。メタケイ酸は美人の湯といわれています。古い角質を取り、皮膚の代謝を高め、保湿効果も有るそうです。

水蒸気その他のガス

地下から吹き出すガス類に水を通して、温泉としての成分が規定値に達すれば温泉とされます。水に温度やガスの成分が溶け込み、温泉と成ります。これを「造成温泉」と呼ばれています。主に高温の火山性ガスに水を通して、温泉としての成分を含ませて温泉を作ります。

大涌谷温泉
都心からも近く、豊かな湧出量と様々な泉質を有し、開湯以来約1300年の歴史もあり、風光明媚な有名な温泉が箱根温泉です。箱根温泉二十湯のうち、大涌谷温泉は造成温泉として代表的な温泉地です。その造成法が箱根町のHPに載っています。

温泉成分のうち1以上の特定成分を含む

温水・鉱水の温度とは関係なく、温泉と規定される19種類の特定成分のうち、1種類だけでも規定値以上含んでいれば、温度には関係なく「温泉」とされます。療養泉は7種の特定成分のうち、規定値以上含んでいれば「療養泉」となります。

温泉成分の物質名

「温泉」とされる19種の物質と、「療養泉」とされる7種の物質、それぞれ規定値以上、湧出時温度が25度以上で、温泉・療養泉になります。

温泉・療養泉の物質名と規定値

物質名 温泉の規定値(/kg) 療養泉の規定値(/kg)
溶存物質(ガス性のものを除く) 総量1,000mg以上 総量1,000mg以上
遊離二酸化炭素(CO2 250mg以上 1,000mg以上
リチウムイオン(Li+ 1mg以上  
ストロンチウムイオン(Sr2+ 10mg以上  
バリウムイオン(Ba2+ 5mg以上  
総鉄イオン(Fe2+,Fe3+ 10mg以上 20mg以上
第一マンガンイオン(Mn2+ 10mg以上  
水素イオン(H+ 1mg以上 1mg以上
臭化物イオン(Br 5mg以上  
ヨウ化物イオン(I 1mg以上 10mg以上
フッ化物イオン(F 2mg以上  
ヒ酸水素イオン(HASO42- 1.3mg以上  
メタ亜ひ酸(HASO2 1mg以上  
総硫黄(S) [HS+S2O32-+H2Sに対応するもの] 1mg以上 2mg以上
メタほう酸(HBO2 5mg以上  
メタけい酸(H2SiO3 50mg以上  
炭酸水素ナトリウム(NaHCO3 340mg以上  
ラドン(Rn) 20(百億分の1キュリー単位)以上 30(百億分の1キュリー単位)=
111Bq以上(8.25マッヘ単位以上)
ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上  

モール泉は温泉ではない

モール泉は植物等の酸素不足の腐食過程で、まだ完全に石炭化していない状態の泥炭とか亜炭層を通過した湧水です。通常の温泉は無色透明で、時間の経過と共に変色してきます。モール泉は泥炭などを通過して色が付くもので、湧出時にはすでに溶け込んでいる有機物質により黒色になっていて、酸化などでの変色は起きません。

モール泉としては、かつてはドイツの温泉地としてヨーロッパで有名なバーデン=バーデンと、日本の十勝川温泉が有名でした。今は日本でも各地で採掘汲み上げがされています。

モール泉温泉とか黒湯(モール泉)温泉というのは、モール泉の他に温泉法でいう物質が規定値以上に含まれている事が必要で、モール泉だけでは温泉とはいいません。黒湯で有名な蒲田の「蒲田温泉」は、泉質名はナトリウム炭酸水素塩・塩化物鉱泉になっています。同じく蒲田の「改正湯」は、ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉です。

モール泉の効能としては「美肌の湯」といわれてるように、肌の皮膚細菌の発育抑制やヒアルロン酸を分解する酵素の抑制など、更にモール泉中の有機成分(フミン酸)により泉質はアルカリ性になりやすく肌がなめらかになります。温まりやすく湯冷めしにくいと効果も有ります。

温泉と療養泉と温度

「温泉」の条件は、温度としては25℃を超えると成分に関係なく温泉になります。温泉の成分からみると、溶存物質(ガス性を除く)の総量1,000mg/kg以上、または19種類の成分が規定値以上検出されれば「温泉」となります。さらに「療養泉」は、25℃以上の温度か温泉としての19種類の成分中、7種の特定成分が規定値量以上に検出されれば、「療養泉」と成ります。

「療養泉」になると「温泉名」と「適応症」の表示が出来ます。
例えば、草津温泉の西の河原源泉なら
泉質 酸性・含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)
(酸性低張性高温泉)

「温泉」とは、地下から出た水で成分が少なくても温度が25度を超えている事、あるいは温度が低くても19種の成分のうち1種以上を含んでいる事、または温度と成分の条件を両者ともに満たしている事です。100メートル掘り下げると水温は3℃位上がるので、深く掘り下げて25℃以上になれば、成分の同じ井戸水でも温泉となってしまう可能性も有ります。成分に関係なく、温度だけで「温泉」あるいは「療養泉」にもなります。

成分量に関係なく、温度だけで療養泉という事には、個人的にはなんとなく得心がいかない気もします。とはいいながら、実は単純泉の療養泉は体の疲れを癒やすには、最も効果的で優しい温泉でもあります。自噴泉の新鮮な弱アルカリ単純泉は、昔から湯治客を集めており、長期療養には最適だと思えます。

補足
家庭用浴槽の容量は一般的に200リットルだそうです。概ね160リットルの水を沸かすとします。単純泉の多くは残存物質が0.5g/kgくらいです。単純計算で家庭でも80gの温泉成分を入れれば、ほぼ単純泉になるわけです・・・が、80gはすごい量ですね。しかも家庭の水には塩素が入っています。この塩素は温泉としての成分を酸化(酸化水)させ、劣化させてしまいます。自噴泉や掛け流しが好まれるのは、塩素殺菌がされていない事や、新鮮な温泉は還元水である事などです。