鮎川温泉 金井の湯

〒375-0045 群馬県藤岡市金井627 TEL:0274-40-8888  FAX:0274-40-8889   公式サイト

【泉質】ナトリウム・塩化物強塩温泉【効能】神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

HOME恕衛門群馬の散歩道主夫学雑記帳サイトマップ

初稿 2008年7月14日

2009年9月8日更新

狭い道を下ると金井の湯 どこかで読んだ紹介文で、6500万年から200万年という長い間、地下に閉じこめられてきた「化石海水」の強塩温泉、というのがあった。太田のイオン近くの「安眠の湯」も、泉質はほぼ同じ「化石海洋水」で、塩味の強い温泉だ。

 果たしてどの様な違いが有るのか興味があり、行くのが楽しみだった。塩分の強い温泉は、どうも肌に張り付く感覚があり、それ程好きな方ではないのだが、西毛地区の温泉は、縁遠くて機会があったら挑戦しなければと思っていた。

横は鮎川の流れ 我が住まいからは、最近できた「太田桐生IC」から北関東自動車道路に上がり、関越自動車道から上信越自動車道の藤岡ICまで一気に行ける様になった。高速道路代1250円だが、快適な40分間だった。藤岡ICで降りて、ナビに導かれながら15分で着いた。周囲の広い田畑を抜け、鮎川湖を抜けて直ぐの所、ナビでは更に奥へと成っていたが、下へと続く道の所に看板があった。山に囲まれた静かな所で、駐車場も広く、何よりも木々を大切にし自然環境を活かしてる様に感じた。建物の横には、入ると露天風呂から鮎川が間近に望めるのだが、結構大きな流れの鮎川が対岸の崖に遮られて大きく流れを変えていた。更に上流では、鮎の放流をしてると言っていた。

鮎川温泉金井の湯 利用料金は4時間と1日とに分けられている。4時間が700円、1日が1200円となっている。入り口の下足箱は返却される100円硬貨投入式。受付で入浴料を払い、脱衣場では同じく返却式の100円硬貨投入になっている。最近はこういうのが多い様だ。そのせいか、入れる度に100円を投入して戻らないと、妙に損をした気分に成るものだ。

内湯の入浴施設は、サウナ・水風呂・ジェットバス・座湯を兼ねた大風呂・デンキ風呂等がある。肝心の源泉使用は、デンキ風呂の横に、2.5メートル四方の小さな浴槽があるだけだった。確かに塩味はするが、それ程強くもない。入浴者の為に加水し、加熱・循環消毒をしてると有った。期待が大きかっただけに、かなり残念だった。やはり西毛地区には温泉は豊富ではないのだろうか。各種の入浴は楽しめるが、源泉を楽しむには面白くない。ただし、露天風呂は素晴らしい。眼前の岸壁や鮎川の流れを眺め、打たせ湯もある。湯船の縁には温泉成分の固まった様な模様もあったが、舐めてみたが味はしなかった。何となく聞きにくかったが、ここは源泉を使用しているのは、あの小さな風呂だけかも知れない。

源泉の井戸 毎週、埼玉から来てるという人と話した。この周囲を自然に囲まれた中にいるだけで、何となくノンビリ出来て良いそうだ。温泉の効能や効果について聞いたら、ここで風呂に入ったり横に成ったりしてるだけで休まるという。確かにそうかも知れない。都会的なスパに比べたら、沸かし湯であっても、こういう所の方が休まる。休憩室はそれ程広くもないが、風呂の中が広くできているので、充分に風呂の中で休んでいられる。自然の景観を活かした中に作られた、源泉使用のスパ、かな。


国内温泉地検索


【JTB】国内宿泊予約


じゃらん.net


ゆこゆこネット


日本旅行「宿ぷらざ」


るるぶトラベル


Yahoo!トラベル


ぐるなびトラベル

群馬の周辺観光温泉地

老神(オイガミ)温泉

水上温泉

伊香保温泉

四万(シマ)温泉

草津温泉

万座温泉

北軽井沢

軽井沢

奥軽井沢

中軽井沢