四万温泉 四万清流の湯

〒377-0601 群馬県吾妻郡中之条町大字四万3830-1 TEL:0279-64-2610 FAX:0279-64-2610   公式サイト

【泉質】ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉【効能】リューマチ・婦人病・慢性皮膚疾患・胃腸病など

HOME恕衛門群馬の散歩道主夫学雑記帳サイトマップ

初稿 2008年5月24日

2008年5月25日更新

四万清流の湯 中之条町四万温泉にある、町営の立ち寄り湯「四万清流の湯」の評判は以前から聞いていた。自然の景観が、吾妻渓谷とは別の穏やかな表情で、その中に包まれたような温泉だ。四万大橋を道なりにナビに従って進んだら、どうも行き過ぎてしまった。この橋を渡らずに、右に行くと柏屋旅館があり、過ぎて直ぐに左に狭い橋を渡った所にある。赤い屋根が診療所で「へき地診療所」と書いてあった。何とも情緒のある診療所で、その横に綺麗な平屋建ての「四万清流の湯」がある。

 入って直ぐに受付で入浴料を払う。大人は2時間で500円、4時間800円、1日は1500円。平均的な入浴料としてはいささか高いようにも思う。当初は、まあこんなものかと思ったが、脱衣所のロッカーは1回100円で返金は無いし、立ち寄り湯の中では何とも居心地の良い所で、2時間で帰る事はないだろう。

 入って正面がソファーなどの休憩室で、左が座敷の食堂になってるが、寝てる人も多い。右に行くと浴場で、更に右が女性用、左が男性用になってる。内湯の大浴場とはいっても、それ程大きな物ではない。加熱してたので、下から熱い湯が出て参った。内湯からの眺めも良いが、とにかく露天からの眺めは最高だった。女性用には入れないので分からないが、男性用の露天風呂からは四万川の流れや、四万大橋を上に臨み、その素晴らしさは表現できない。

 ちょうど四万川を挟んだ向こうが柏屋旅館なので、覗きを考えてこちらを男性用にしたのだろうが、余程の望遠鏡でもない限り、覗きなど心配は要らないだろう。

清流の湯から見た四万川 泉質は柔らかく、この日は良く晴れていたがいくらか肌寒かったが、外に出ても冷える事はなかった。ソファーの休憩室から外に出られ、石の階段を下りて行くと、四万川の流れや四万大橋、そしてここに来る為に渡った小さな橋が、何となく懐かしいような、いかにも日本的な風景として感じられる。

 露天風呂で一緒になった人が言っていた。東京と埼玉から来た友人同士だというが、四万温泉で宿泊し、その時に折角来たなら「四万清流の湯」にも寄ってみたらと言われたそうだ。ここからの眺めが気に入ったらしく、温泉も良いし眺めも最高で、ここでもう一泊したい、などと言っていた。この「清流の湯」を目的に泊まるなら、前の柏屋旅館か少し先のやまぐち館、あるいはもう少し先の小さな温泉街だろう。

四満館  「清流の湯」を出て、へき地診療所を過ぎ、橋を渡らずに行くと河原まで出られる。若い夫婦が、幼い子どもと水遊びをしていた。さして深くもなく、流れも穏やかで、木々に囲まれた中で気持ちも伸びやかに成る。

 河原から左を見れば、四萬館が見える。我が家はおかしなもので、それぞれ好きな温泉場があるようだ。カアさんは草津温泉が好きで、私は万座温泉が好きだ。娘は、ここ四万温泉が好きだと言っていた。特に娘の大のお気に入りが、渓流沿いの露天の素晴らしい四万温泉やまぐち館だ。その風呂からの眺めの素晴らしさを聞いていたので、四万川に突き出たように建てられている四萬館やまぐち館と思ってしまった。この辺りの四万川沿いの旅館は、皆この四万川の景観を利用してるらしい。改めて、まだまだ群馬には素晴らしい温泉地が有る事を知らされた。


四万温泉の情報サイト

四万温泉:四万温泉協会オフィシャルページ。四万温泉に関して詳細な情報があります。

中之条町:中之条町公式サイト。四万温泉周辺の情報が詳細に出ています。

国内温泉地検索


【JTB】国内宿泊予約


じゃらん.net


ゆこゆこネット


日本旅行「宿ぷらざ」


るるぶトラベル


Yahoo!トラベル


ぐるなびトラベル

群馬の周辺観光温泉地

老神(オイガミ)温泉

水上温泉

伊香保温泉

四万(シマ)温泉

草津温泉

万座温泉

北軽井沢

軽井沢

奥軽井沢

中軽井沢