桜山温泉センター 宇塩の湯

〒370-1406 藤岡市浄法寺456-5  Tel: 0274-52-6226    公式HP

【泉質】ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、冷え性、切り傷、火傷、虚弱児童、慢性婦人病など

HOME恕衛門群馬の散歩道主夫学雑記帳サイトマップ

初稿 2007年12月20日

2008年5月31日更新

桜山温泉センター 平成19年12月9日(日)、藤岡市浄法寺にある桜山温泉宇塩の湯桜山温泉センターに行ってきた。この日が上毛カルタで詠われている「三波石ともに名高い冬桜」の、桜山公園の冬桜が最後の見頃になるという事なので、ぜひ冬桜も見たいと思っていた。

 藤岡の知人と桜山温泉センターで待ち合わせて、先ずは「桜山公園」に行った。桜というと満開になった染井吉野を想像していたが、残念ながら梅の花の様にチラホラと咲く様な寒桜らしい。遠景で撮影すると、まるで枯れ木の様に見えるので寂しい限りだ。公園内は日本庭園もあり、桜よりも平日にユックリと散策した方が良い様に感じた。まあ、元々が桜という物がそれ程好きではないので、それぞれだろうが。公園入り口まではそれ程離れていなかったが、かなり山を登る様になっていて、渋滞の時にはすれ違いも大変だろうと思う。不精者の自分には、やはり誰もいない時にノンビリと散策する方が向いている様だ。

桜山公園 「桜山温泉センター」だが、国道462号から山の方に少し登った高台にある。その作りは峠の湯と同じように、屋根が高く木を豊富に使った作りになって、開放感が有って明るい。この辺の温泉を「宇塩(うしお)の湯」というそうだ。江戸時代にこの辺から湧き出る泉が塩味で、それを湧かして湯治に使うと、様々な病に効いたと、各地に知られていたそうだ。此処もその「宇塩の湯」を湧かしているのだが、無色透明で、塩味というのを感じなかった。最近少し味の濃い食事をし過ぎているせいなのか。また、近在には「八塩温泉」があり、何軒かの旅館もある。八つの源泉が有るので「八塩」なのか「宇塩」がなまって「八塩」に成ったのかは解らない。

 この日は寒くて、露天には入れなかった。岩風呂作りになっていて、柵で外は見難いのだが、立って眺めれば遠く広がる関東平野や、左には見事な赤城山の眺めが綺麗に見られる。内湯に比べて露天が狭い様に思う。内湯もそれ程広くはないが、四角の内湯の角に丸いジャグジーがあり、狭い割には入りやすい。どうも入浴をする時には、背に湯船のヘリが付いていないと落ち着かないものだが、その点は良く考えられている。洗い場のカランが少ないので、場所を取るのは順番待ちになった。

桜山温泉センター 入って受け付けロビーで入館料を払う。3時間で600円。終日で1200円。二階に上がって、右が温泉棟になっていて、左が食堂などの施設になっている。温泉棟からはマッサージなどの別棟に入れる。

建物は立派だが、温泉自体はそれ程面白味があるとは思えない、ごく普通の温泉と言われればそうかなという感じ。此処の最も大きな特徴が、毎日旅芸人の演芸が有ると言う事かもしれない。もちろん入館者は無料で見られる。食事所に入って右はテーブル席で、奥には舞台が出来ている。1ヶ月か2ヶ月の公演で、一座が変わるそうだ。従業員さんに聞いたら、毎月第三水曜だけはないと言っていたが、休館日なので当然では。毎日何回かの公演が有り、芝居や歌など、それを楽しみに来るお客さんも多いそうだ。壁で仕切られて左は畳敷の食事所で、こちらは大きな窓で明るく作られている。露天風呂から見た景観よりも、ここから見る関東平野の広さと、遠くの赤城山の美しさには感動した。広い裾野の赤城山は、富士山以上に美しいと思う。


【西毛】の立寄り湯

亀沢温泉センター:高崎

倉渕温泉長寿の湯:高崎

せせらぎの湯ふれあい館:高崎

群馬温泉やすらぎの湯:高崎

天神の湯:高崎

桜山温泉センター:藤岡

鮎川温泉 金井の湯:藤岡

浜平温泉しおじの湯:上野村

吉井温泉牛伏の湯:吉井町

碓氷峠の森公園交流館峠の湯:安中市

上増田温泉 砦乃湯:安中市

磯部温泉恵みの湯:安中市

妙義ふれあいプラザもみじの湯:富岡

湯楽とみおか:富岡

下仁田温泉清流荘:下仁田町

荒船の湯:下仁田町

桜山公園

藤岡市鬼石、鬼石町と神流川を見下ろす山に、「冬桜」が7000本植えられている。日本庭園や東屋などもあり、4月と12月頃には花見客で賑わう。花は「染井吉野」に比べると小さいが、冬の満開の時には、周囲の紅葉と共に桜の花が見られると、観光客も多い。また、この辺りは「三波石」という銘石が取れる所でもあり、様々な大きさの石が売られている。