天然温泉あいのやまの湯

〒371-0001 前橋市荻窪町530-1   Tel027-264-3030  Fax027-264-3031   公式HPhttp://ainoyama.jp/

【泉質】ナトリウム、カルシウム、塩化物温泉【泉温】48.3℃【適応症】神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・切り傷・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病

HOME恕衛門群馬の散歩道主夫学雑記帳サイトマップ

初稿 2007年10月11日

2008年4月1日更新

あいのやまの湯 前橋市内から離れた小高い所、荻窪公園に出来た、大きな天然温泉の入浴施設。まだ出来て間もないのか、建物全体が綺麗だ。掃除も隅々まで行き届いて、従業員の皆様も生き生きと働いていた。泉質が塩化物温泉と言うだけ有って、舌に取ると塩辛い。無色透明だが、何となく緑がかっている。駐車場はかなり広く、駐車できないという事はないだろう。湯口からは源泉がそのまま出ていて、いくらか熱く塩っぱくて美味いが飲用不可だそうだ。駐車場横には、農産物の販売所なのか大きな販売所と食事所があったが、この次に確認してこよう。

 カアさんは此処が気に入ったようで、何度も入っていた。土日は3時間で500円、終日1200円だが、月曜から金曜までなら終日500円。何度でも入りたく成るような、本当に良い温泉だ。温度はいくらか温いように感じるが、熱いよりも良い。ジックリと入ると、いつまでも湯冷めもしない。脱衣場は明るいライトだが、内湯などの浴場は暖色系のライトで、いくらか薄暗いと感じる。その妙に明るくないのが良いのか、気持ちも落ち着く。

駐車場横の庭 建物は大きな中庭を取り巻くように、フロント・女湯・男湯・風呂付き個室・大広間のレストラン・多目的ホールとなっている。フロントには各種の農産物やお土産品の売店もある。男女の風呂の間には、プールなどもある。足や膝が悪い者には、プールで歩くのも良いかもしれない。多目的ホールには卓球場や囲碁将棋の設備もある。これだけ豊富な使い方の出来る立ち寄り湯も少ない。前橋市の経営という事だが、自治体の経営だけに住民の為に良く考えられていると思う。平日に行ったにも関わらず、入館者が多いのもうなずける。

 カアさんが最も喜んだのは、此処のアカスリのようだ。マッサージを兼ねたアカスリで、肩と背中の凝りや疲れも消えたと言っていた。マッサージ器などの設備も整っていて、健康管理にも気を配っているようだ。毎日掃除をしてお湯の入れ替えをしてるそうで、清潔で泉質も良いし、設備も良い。

 自治体の経営だけに、妙な商業主義も感じないし、此処はかなり良いと思う。聞く所では、自治体の経営から民間に経営を移管し、リニューアルしたそうだが、民間になった事で成功したのか、まあ、こちらとしてはこれだけ充実してしかも泉質も良ければいう事はない。


渋川・前橋方面の立寄り湯

しんとう温泉ふれあい館:榛東村

よしおか温泉リバートピア吉岡:吉岡町

湯の道利久:吉岡町

小野上温泉センター:渋川市

渋川温泉スカイテルメ渋川:渋川市

白井温泉こもちの湯:渋川市

伊香保温泉石段の湯渋川市

北橘温泉ばんどうの湯:渋川市

ユートピア赤城:渋川市

赤城の湯ふれあいの家:渋川市

見晴らしの湯ふれあい館:富士見村

天然温泉ゆ〜ゆ:前橋市

粕川温泉元気ランド:前橋市

前橋温泉クア・イ・テルメ:前橋市

周辺のお薦めの宿


赤城温泉 御宿総本家

泉質はカルシウム・マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)で。源泉43.5℃を加熱しないので使ってるので、冬期には寒いが、長時間入っていると温泉の成分でかなり暖まります。


赤城温泉ホテル

源泉掛け流しのにごり湯です。源泉温度43℃を加熱しないで引いてるので、少し温いようですが、身体の芯から良く暖まります。


赤城高原温泉 山屋蒼月

二つの源泉を持ち、自然豊かな宿です。群馬の食材だけを使用し、群馬の地酒での食事は良いものです。