街角の散歩道 

生まれは栃木県足利市小俣町で、はやり生まれ故郷は懐かしい。幼い頃に移り住んだ群馬県桐生市は、それ以上に愛着のある街になってる。そして自分は群馬県人だと堂々と言えるほど、群馬の自然と食べ物と、人の生きてる街角が好きだ。

HOME恕衛門群馬の散歩道主夫学雑記帳サイトマップ
2008年6月11日
2008年10月13日更新

県内の主な観光温泉地

老神(オイガミ)温泉

水上温泉

伊香保温泉

四万(シマ)温泉

草津温泉

万座温泉

北軽井沢

軽井沢

奥軽井沢

中軽井沢

私の好きな群馬の宿

草津温泉

つつじ亭

大阪屋

奈良屋

湯畑源泉大東館

一井

草津ホテル

松村屋旅館

万座温泉

万座プリンスホテル

万座温泉ホテル

万座高原ホテル

万座ホテル聚楽

伊香保温泉

福一

ホテル木暮

香雲館

岸権旅館

和心の宿オーモリ

横手館

古久家

四万温泉

四万やまぐち館

四万たむら

四万グランドホテル

鍾寿館

全国の宿泊予約検索

【JTB】旅館・ホテル予約

じゃらんnetで宿予約

ゆこゆこネット

日本旅行「宿ぷらざ」


そば蔵 桃太郎   【群馬県桐生市本町4丁目338】

桐生市の、嘗て機織りの都として最も栄えた頃、この辺りは桐生の中心的な所だった。その栄えた象徴として屋混みの中に隠れていた蔵が、今は新たに食文化で生き返っている。

根利の峠の小さな町   【群馬県沼田市利根町根利】

桐生から足尾への旧銅街道(あかがねかいどう)国道122号と、沼田市のロマンチック街道と呼ぶ国道120号を結ぶ県道62号線がある。俗に「根利の峠」という辺り、利根郡根利の根利川上流には静かな宿場町が今も残っている。戦国時代には上杉勢の東国攻めに使われ、近代は沼田から大間々への繭の道として使われたという。根利はその根利道の宿場町だった。

白滝姫と森喜作   【群馬県桐生市川内町】

今の桐生市が今日あるのは、1300年前に白滝姫が絹織物と粉食文化を伝えたからだ。空海が伝えた最新技術を桐生に伝え、うどんの製法も伝えて人々の食生活も豊かにした。近代では森喜作氏が、椎茸の人工栽培を開発し、桐生の地から全国、世界にまでその普及に努めてきた。

きのこ茶屋の自然    【群馬県桐生市平井町】

桐生市のきのこ茶屋周辺には、きのこ研究所に相応しい素晴らしい自然が残っている。きのこ茶屋は、その自然と一体化して、素晴らしい建物に変わってきた。人が作り、自然が育てたとも言える、素晴らしい景観となった。